スマホカメラで近くを撮影するとぼやける!その対処法は?

その他
スマホカメラの画像

 

 

スマホのカメラで近くを撮影したいのに被写体にカメラを近づけるとぼやけてしまう・・

なんて経験、みなさんも1度はしたことあるのではないでしょうか。

 

私自身「私はカメラのセンスがないのかな?」なんて思ってしまうこともありました(笑)

 

そこで今回はスマホカメラで近くを撮影してぼやけてしまう時の対処法を徹底解説します!

これを読めば、近くでも綺麗に撮影することができるようになります。

 

スポンサーリンク

ぼやけてしまう原因

カメラで接写している画像

 

まず、カメラのピントが合わずに被写体がぼやけてしまう原因を解説します。

当てはまるものがないかチェックしてみましょう♩

 

1. レンズに傷や汚れがある

 

毎日持ち歩いているので知らぬ間に傷や汚れがついてしまっていることも。

目みは見えないような小さな傷でもカメラのピントが合わなくなることがあります。

汚れの場合は、メガネ拭きなどで綺麗に拭き取りましょう。

 

2. 保護フィルムに傷や汚れがある

 

稀なケースかもしれませんがスマホカメラのレンズに保護フィルムを貼っている方は、

その保護フィルムに傷や汚れがついているかもしれません。

 

剥がして撮影してみるor定期的に貼り替えることをおすすめします。

 

近くがぼやける時の対処法

写真撮影している画像

 

それではここからは、ぼやけてしまう時の対処法を3つ紹介します。

すぐにできることばかりなので、ぜひ読みながら試してみてください(^_^)

 

それでは行ってみましょう!

 

1. 少しだけ離してみる

写真撮影している様子の画像

 

カメラにはこれ以上は近づいて撮れないという最短撮影距離というものがあります。

 

この最短撮影距離は機種によって違いますが、だいたい5cm程度と言われています。

レンズと被写体の距離が5cm以上は離れていないとぼやけるということになります。

 

そういう時は、被写体にピントが合うところまで少しずつカメラを離してみましょう。

 

2. ピンチアウトする

ズームして人の顔を撮影している画像

 

ピンチアウトとはズームすること。

 

被写体から一定の距離をとった状態でピンチアウト(指2本を広げるように拡大)すると、

最短撮影距離を気にすることなく、近くで撮影した時に起こる被写体に

自分の手や体の影が入ってしまうということも避けることができます。

 

どうしても最短撮影距離よりも近くで撮影したいという時は、

ピンチアウトをして撮影してみてください。

 

3. マクロレンズを使用する

外付けレンズの画像

 

スマホカメラに装着できる外付けのレンズを使用してみるのもおすすめです。

 

外付けレンズにもさまざまな種類があり、被写体を近い距離で撮影したい場合は

被写体を拡大してピントを合わせてくれるマクロレンズを使います。

 

安いものだと数百円で購入できるので一度試してみるのも良いと思います(^_^)

 

 

まとめ

写真撮影している女性

 

今回はスマホカメラで被写体に近づき、ぼやけてしまう時の対処法を解説しました。

 

  • 最短撮影距離を守って撮影する
  • ピンチアウトして撮影する
  • 外付けのマクロレンズを使用する

 

どれも簡単なので、ぜひ試してみてくださいね♩

 

 

また更新します〜(^_^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました